最近、思い切り眠れていますか? 熟睡時間や入眠時間も気になるところですが、「熟睡の出来栄え」を良くして、清々しく目覚めたいものですね。

さて、その「熟睡の不調」はなんでしょう。 課題や心配ごとがあって眠れなくなったりとか、PCなどで寝入る間一髪まで仕事をしていて心中が冴えてしまったとか、冷え性でなかなか寝付けないなど・・・。

また、眠れたとしても、翌朝疲れが取れないとか、快眠が浅くてスッキリしないなど、何かとありそうですね。

では、そういった不調を解消するにはどうしたら良いのでしょう。

ガイドに書いてあったので、いくつか紹介してみますね。課題を抱えていると、心中がある程度活動している状態で、脳の気温が下がり難いのだそうです。

そんな時は、保冷剤で耳よりも上の方に保冷剤を当てて冷まします。脳の気温が下がり、実行を抑えられるようです。

脳ばかりでなく、身体の気温も関係してくる。体温は、夜に向けてだんだん下がっていくそうです。

昼寝などをしていったん体温を下げてしまうと、夜に向けて体温が下がりにくく向かうそうなので、お昼寝は16場合までに済ませましょう。

ただ、足首は寒冷に注意が必要です。足首が冷えているという、臓器の気温を上げてしまい、すいみんを妨げるそうです。入浴後は、足首を温めたほうが良さそうです。

ほかにも、だらだらありそうですが、雰囲気を整え、身体の気温を上手に統括できるという、質の良い熟睡時間が得られそうですね。静銀